2020年04月29日

「月刊誌Leaf」ノベルティグッズ・エコバック用イラストの制作

「月刊誌Leaf」のノベルティグッズ・エコバック用イラストを制作させて頂きました。

IMG_4213.jpg


こちらのエコバッグは「京都を知る、京都で遊ぶ。」
京都の旬な情報をお届けする「月刊誌Leaf」の4月25日発売された記念号のノベルティ。

毎月発刊ですがその1年の中でも4月25日発売号が、毎年約400ページほどの特大記念号!




その発売とともに、キャンペーン日にノベルティグッズをお渡しとのことで
今回そのエコバッグに入るイラストを担当させて頂いたのです。


一色印刷なので何がいいかと考え、
今回は雑誌Leafを読みながら、色んな美味しいものを想像する猫さんを描きました。
色が使えないということで、線に味を出すタッチに。
LEAFA-04カラー最終.jpg

仕上がりはこんな感じ。
IMG_7889.jpg

持つとこれくらいのサイズ。
IMG_7893 2.jpg

畳むとこれくらいコンパクトになります。
IMG_8279.jpg

2年間WEB Leafで美味しいもの特集のバナーを制作させて頂き、
その後もまたこうやってお仕事ができる関係性がとても嬉しい。
書店POPにも私の名前を入れて下さり嬉しい限りです。

IMG_8281.JPG

コロナ渦なので、書店でのキャンペーンがどのように展開されるのかも
まだ私には分からず、京都に来てください!や書店で手にとってください!
とは言えない状況なのが残念・・・・

ですが!!月刊誌を作られるLeafさん、京都でおいしいものをお届けするそれぞれのお店も
それぞれ頑張っておられるかと思います。
コロナが少しでも早く終息するよう、自粛を続けながら、私も自分に出来ることをコツコツしていこうと思います。

そして、いつか・・・いつの日か・・コロナが落ち着き外出出来るようになったら京都へ美味しいものを食べにいくんだ!!!


京都の旬な情報をお届けする月刊誌Leaf
https://www.leafkyoto.net/magazine/



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Leaf (リーフ) 2020年 06月号 [雑誌]
価格:699円(税込、送料無料) (2020/4/29時点)



posted by タムロ at 18:42| Comment(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月04日

【お仕事】愛媛の魅力を伝える本「マチボン」の表紙、MAPイラスト制作

この度2020年2月末に発行されました
愛媛 街の魅力に気づく本 街本「マチボン vol.15 /ぼくらの好きな、砥部焼」のイラストを担当させて頂きました。

IMG_7246.jpg

表紙の絵は色々な表情豊かな砥部焼のカップを9つ書きました。
オイルパステルを使って手書きのぬくもりを感じられるタッチに。
現物は一般的なファッション誌などより小さいサイズで、カバンに入れ持ち歩きながら街を散策できるような仕様。


表紙に加え中面MAP
IMG_7239.jpg

と特集の扉絵も。

IMG_7243-2.jpg


実は初めは中面のMAPのみの依頼だったのに、最終的には表紙や扉絵まで任せてもらえて嬉しい限りです。


今回の号は愛媛の伝統工芸の「砥部焼特集」です。
(砥部焼はとべやきって読むんですよ。)


私自身今まさに陶芸の魅力にハマってますので
ドンピシャな内容のお仕事で運命を感じました。


砥部焼の工房や製作所が丁寧に紹介されていて情報満載です。
中面には器の写真もたくさん。

白磁に、呉須と呼ばれる薄い藍色の手書きの図案が特徴の「砥部焼」の魅力が詰まっています。


四国の書店やコンビニを中心に店頭に並ぶようなので興味ある方はぜひ。

end.


追記:私も最近、2箇所の体験教室を行ってきました!
もう、すっごい楽しくて最近は毎日焼き物の動画を見ながら家事をしています。笑
4月から陶芸教室に通う事を企み中でコロナが落ち着いてくれる事を願うばかり。


初心者中の初心者ですが仕上がったらSNSやこのブログでもUPしていくつもりなので
温かく見守って頂けると嬉しいです。そう、ついに大人の趣味デビューなのです。
posted by タムロ at 16:14| Comment(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月22日

[お仕事]京都のホテル「ウィンタードーム」イメージイラスト

京都のホテルのお庭のテラスに設置される「ウィンタードーム」のイラストを描かせて頂きました。

完成クリスタルドーム.jpg


落ち着きと雰囲気のある日本庭園を背景にするテラスにて
「かまくら(イグルー)」を進化させた透明なドーム。

このドームの中ではシャンパンや軽食を温かいドームの中で楽しめるそう。
日常を離れゆったりと風雅な時間が過ごせる空間。


そんな雰囲気を出すべく、今回は水彩とアクリルガッシュで仕上げました。
ドームの半透明感や舞い散る雪はフォトショップを使用。

昼&夜の両方を思わせられるよう仕上げました。
さらに背景には京都を思わせるモチーフを配置。

完成クリスタルドーム2.jpg


雪の積もらない大阪に住んでいるので体験したことのない「かまくら」。
中に入るとどんな空間なんでしょう。
狭くてそれでいて温かい光に包まれて、なんだか大人もワクワクする空間なようです。


詳しくはこちら↓
https://m.fourseasons.com/jp/kyoto/dining/restaurants/brasserie/WinterDome/

end.
posted by タムロ at 11:17| Comment(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする